Oshufブログ ~無気力系お主婦の日常~

カテゴリ: 育児

アンケートモニター登録


子供たちが通う小学校では、毎日、給食用のマスクを持参することになっています。

特に指定がなかったのですが、何となくマスク=白いと思っていたので、2枚100円とかで売っているような、普通のガーゼマスクを持たせていました。

しかし、あるときママ友から娘用にと、可愛い柄の布マスクをいただいたんです。

私「え?こんな可愛いの持って行っていいの??」
ママ友「指定ないし、うちの娘もしていってるけど、注意されたことないよー」
私「そうなんだ!」

帰宅した子供たちに聞いたら…
子2人「「何人か、そういう可愛いやつしてるよ」」
私「そうなんだ!!」


というわけで、ネットで「手作りマスク 簡単」と検索。
いちばーん手軽に出来そうなサイトを参考に、マスクを作ってみました!


【材料】マスク2枚分
  • ダブルガーゼ生地(セリアで1枚100円)
  • マスクのゴムに良さげな細いゴム(これもセリア)
IMAG5264

【作り方】
 1.ガーゼ生地を水通しし、乾かします。
   生地が薄いので、1時間ほどで乾きました。

このひと手間で、洗濯したら生地が縮んじゃった!なんてことがないのだそう。
ちなみに、左側の2枚が水通ししたあとのもの。

 2.長四角になるように横半分に切ります。(これで2枚分)
IMAG5265

 3.上下の両端を、真ん中に合わせて折ります。
IMAG5266

IMAG5267

 4.だいたい3分の1ずつ折ります。
IMAG5268
↑片側は端を1㎝くらい折り込んでから、折ります。
↓このピロピロの方を折ると、ほつれなくて良いかも。
IMAG5269

  5.両端から1cmほどのところを直線縫い。
私はミシンを出すのが面倒だったので手縫いにしましたが、ミシンならもっと早くて簡単かも。
IMAG5270
白地に白い糸だから、分かりづらいですね
けど、逆に言えば不器用な私にとっては、縫い目が目立たなくて最高。

 6.ゴムを通して、完成!
IMAG5271


実際に使ってみた子供たちの意見としては、
ふわふわで気持ちいい
だそうです

小1娘はいいとして、小3長男には、ちょっと可愛すぎる柄だったかな~
と思ったけど、本人は全く気にしていない。
いや、むしろ可愛いと言って、喜んで持って行っています(笑)

ちょうど幼稚園のバザーもあるし、これ作って出しちゃおっかな。
1人1個は手作り品を出さないといけない決まりなんで


そして、私の住んでいる地域は、先週からインフルエンザが流行り始めました…。
娘の隣のクラスは、あっという間に学級閉鎖!!

そして長男のクラスも、すでに3人インフルで休んでいます
全校生徒に「マスク着用」のお達しがあったので、なんとかここで収束してほしいものです。



アンケートモニター登録

アンケートモニター登録

我が家には現在、小学生が2人います。
去年までは長男だけだったので、それほどランドセルの置き場に困っていなかったのですが、
今年から娘も入学し、荷物が2倍に…。

そこで、ランドセルスタンドなるものを追加購入しました。
長男用に1つはあったのですが、便利なので娘にも

購入したのはコチラ↓↓




というわけで。
うちは、この山崎実業さんのsmart ランドセルスタンドの白が2つあります。
ここに、最大で以下のものをかけています。
  • ランドセル
  • 習字道具
  • 鍵盤ハーモニカ
  • 上履き袋
  • 体操着袋
  • 手提げバッグ
  • 絵の具道具

すごくないですか?証拠の画像はこちら!

IMAG5185

分かりにくいかもしれませんが、下のバッグ類は右から
  • 鍵盤ハーモニカ(青いやつ)
  • 手提げバッグ(黒いやつ)
  • 習字道具(赤と黒のやつ)
です。スリムでしょ?
まだ余裕がありますね。

娘のと一緒に、ダイニングテーブルの後ろに置いています。

IMAG5187_1


これ、かなり便利です。
長男のランドセルは、普段から教科書がパンパンに入っていて、重さを量ってみたら、
なんと7キロ

ですが、それだけの重さがあっても、こちらのランドセルスタンド。
倒れてきたりはしません

なにより省スペースだし、袋類が床から浮いているので、掃除機がけも楽ちん

ただ、7キロもの重さのランドセルをかけるのは、小柄な息子にはちょっと大変なので、
そこは私がやってあげています('д` ;)

2年後、次男が入学したら、きっと我が家にはランドセルスタンドが3つになることでしょう(笑)



アンケートモニター登録 

つい最近、人からの悪意を思いっきり受け取ってしまい、どよーーーんと落ち込んでしまいました。

いま小学校のPTA役員をやっているのですが、やってみて、無駄な作業が多く効率が悪いなと感じることが多く、保護者の負担になっていることもありました。

うちの学校は児童数も減ってきているし、働いているお母さん方も多いので、役員全体で、できるだけ負担を軽くしようという取り組みが始まりました。

そこで、私の所属するベルマーク委員でも、作業の見直しを行い、削減できるところは削減し、削減できないことも効率よく作業できるよう、あれこれ考えました。
改革がうまくいけば、現在の作業を作業量的にも時間的にも、約半分にすることが可能に。

私は委員長なのですが、副委員長や、PTA会長、校長先生などとも話し合い、だいたいの方向性を決めたところで、現委員への聞き取り調査(無記名アンケート)を行ったのですが…

賛成・反対それぞれの意見があり、反対の方でも「〇〇だから反対」「削減したら〇〇という問題が出てくるのでは?」など書いてくれている方は、いいんです。

 なるほど、そういう考えもあるよね。
 その問題は、こうすることで解決できるよね。

…などと、建設的な話し合いができるから。

そうじゃなく、ただただすべての項目に反対をつけ、でも何も理由を書いていない方が3名。


なんか…とりあえず文句が言いたいのかしら…。
とにかく改革することが気に入らないのかしら…。
別に改革したからといって、負担が増えることなんて何もないのに。
というか、私が独断で暴走しているわけではなく、PTA全体で決まったことなのに。
そんなに敵意をむき出しにされるなんて思わなかったよ

あの殴り書きのような〇印を見ると、どよーーーんとしてしまいました。
まるで呪いのようだ。



だがしかし!!
私はそんなにメンタル弱くないので、2日ほどで浮上(笑)


改革を成功させてやるぞー!!

数日前に食洗機が壊れたので、ただいま業者さんが修理に来てくれています。

午前中、予定があって出掛けていたため、昼ごはんが食べれず…。
食洗機の修理なので、業者さんは台所にいるわけで。
さすがに、そこでお湯沸かしたりレンジを使うのも気まずく。

お腹すいたなぁ。

お腹すいたといえば、必ず思い出す公園があります。
それは「はら公園」。

なぜって、娘が「はら公園」に遊びにいったあと、私にこう教えてくれたからです。


私「なんていう公園に行ったの?」

娘「なんだっけ。あ、へった公園!」

長男「ギャハハ!ちがうよ、はら公園だよ!」


たぶん、
はら公園→はらへった公園→へった公園…
になったのかと。

このあと、何度「はら公園だよ」と教えても、しばらくすると「へった公園」と言ってしまう娘なのでした…。

娘のおばかエピソードは、まだまだたーくさんありますわ( -д-)

我が家、やっと夏休みが終わりました!
今年はGWが長かった分、夏休みが早めに切り上げということで、なんと嬉しいことでしょう。

さて、放置していた間のご報告。

PTAじゃんけん負けた!と言っていましたが、実はあのあと「ベルマーク委員長」になりまして。

うちの学校では「ベルマーク委員長」も役員扱いとなるため、これで長女の分もノルマクリアです
長男のは2年前に役員やったから、残すところ次男のみ。

さて、ベルマーク委員長。
何をやるかと言えば、まーー地味な作業!!

まず、各クラスにベルマーク委員が数名います。
その方々には、各クラスで提出されたベルマークを切り揃え、集計してもらう作業があります。

委員長は、
  • その作業日を決めて集合をかける
  • 集計してもらったベルマークを、ベルマーク財団に送る
  • ベルマーク以外にも、テトラパック(牛乳とかジュースに付いている三角みたいなマーク)やインクカートリッジを集めているので、それを集計してベルマーク財団に送る
以上。

え、これだけ?めっちゃ楽じゃーん
…と思っていた私。

甘かった。

たしかに作業は楽です。
単純作業だし、全員が集まってする作業だって年に5回しかないし。
テトラパックはすぐたまるので、週に1度は学校へ行き、発送作業があるけど。

それよりも予想外に大変だったのが、過去の遺物たち…。
恐らく今までの委員長さんたち、
「これなんだろう?必要なのかな?うーん、分かんないから、とりあえず残しておこう」
みたいに代々引き継がれてきたであろう「確実に要らないもの」たち

それを必要なもの、不要なもの、よく使うもの、履歴として残しておきたいもの…等に整理するのが大変でした…。

そして、引き継ぎ資料が「ほぼ口頭のみ」なのも困った…
とりあえず整理は済んだので、今後は引き継ぎ資料を作ることもやらなくちゃ

このページのトップヘ