Oshufブログ ~無気力系お主婦の日常~

カテゴリ: 水腎症

かなり久々の投稿です
完全にサボってました。

さて先日、次男の水腎症の定期検診がありました。
今回はエコーに加え、利尿レノグラムの検査もありました。
3才になったということで、睡眠導入剤は使わず、多少動いたところで、起きたままで撮っちゃいましょう!と先生。
(ちなみに、2才10ヶ月で川崎病の方で心電図を取るときは、動いてダメだったので、睡眠導入剤を使いました

さてどうかなー、と思っていたのですが、まず血液検査と点滴をとるためのルート作りでの注射。

これが!なんと!
泣きはしたものの暴れることなく、じっと我慢して大人しくしててくれたんです!
なぜか、それを見た看護師さんが「えらいね、えらいね」と涙ぐむという…(笑)

そして肝心の利尿レノグラムの時も、大好きなドラえもんのDVDを観ながら、大人しくしてたらしいです。
そして、また同じ看護師さんが涙ぐむ(笑)
年齢的にも次男のおばあちゃん世代だろうし、涙もろい人なのか、はたまた孫を思い出しちゃうのかしらね。

頑張りました!
結果は「変わりないね(悪化してないね)」とのこと。

とりあえず、こういった検査を15才とかそのくらいまで行うのだそうです。
成長と共に悪化する場合もあるそうなので。

長いな…先が長い…。

先日、末っ子の水腎症の定期検診に行ってきました。

今回も、片道一時間かけて行ってきましたよ。
それはいいんです。
問題なのは、駐車場の待ち時間…
駐車場は平面が2ヶ所、立体が1ヶ所あるのですが、どこも長蛇の列。
うちは11時に予約だったので、こんな予測をたててみました。

朝イチに診察に来た人は、病院の入口に一番近い平面駐車場に停めるだろう
  ↓
11時には、朝イチの診察が終わる頃だろう
  ↓
よって、そこの平面駐車場から出庫する人が多いだろう


結果、30分待ちましたが、予約時間に間に合うように停めれました。
まぁ、この予測が当たってたのかどうか、比べようがないので分からないけどね(笑)


さて、今回はエコーと医師との面談。
エコーでは、素人目に見ると、前回と変わらず、すごい腫れてるように見えます。

私、手術をすれば、すっかり良くなるんだと思ってました。
実際は、多少しぼんだけど、悪化はしてないね。って感じです。


次回は1年後。
今度は、腎臓の機能が落ちてないかの検査をするそうです。
完治ってするのかしら

アンケートモニター登録

先日、次男の水腎症の定期検診でした。
術後およそ1年半。

今回はエコーでの検査でしたが、素人目に見ても分かる程度には萎んでいました。
ただ、それでも左右差はかなりあります。
先生曰く、パンパンに腫れていたので(当時、最大級と言われた)やはり萎んでも弛みが残るでしょう、とのこと。

今後は、悪化しないこと(また腫れてこないこと)、左右の機能差が広がらないことに注意して、検査していきましょう、とのことでした。

次回は3月。
エコーで問題なければ、その1年後くらいに、利尿レノグラムで、機能差について検査する予定になっています。

次男が発熱しております。
熱以外、咳も鼻水もないし…知恵熱かなぁと旦那と話していて、ふと『知恵熱って何で出るんだ?』と思い、調べてみました。

そしたらば。

知恵熱の本来の意味は、生後半年以降、知恵がついてくる時期に出てくる発熱症状のことを指すんだそうです( ゚Д゚)

ですので、頭を使ったからといって熱が出ているわけではなく、ウイルス由来の発熱であることが主な原因なんだそうです。

なんと…。
知恵熱って、頭を使い過ぎたり、疲れがたまったときに出る熱だと勘違いしてました


しかも、突発性発疹も知恵熱の一種なんだとか…!
3人子ども産んでますけど、知らなかった…。

てことは、次男のコレも何らかのウイルス由来なのかもしれないのね。

次男の場合、水腎症の関係もあり、熱が出たら尿路感染症になっていないかの確認に尿検査しなきゃなので、明日までに解熱しなかったら、とりあえず病院いってきまーす。
※服薬しちゃうと検査が正しく行えないので、まず一番に尿検査してもらうんです。
鼻水とか明らかに風邪症状なら、検査してもらわないときもありますけど

上の子たちの場合なら、熱だけで他の症状(咳・鼻水・発疹など)がなければ、様子見するんですけどねぇ

次男(1才)が昨年4月に左腎臓を手術してから、もうすぐ1年になります。

というわけで、今回は『レノグラム』検査でした。
睡眠導入剤を使用して眠らせる必要があるため、検査まで食事制限がありました。

軽食…検査7時間前まで
母乳…検査5時間前まで
水…検査3時間前まで

そして、検査のときに眠れないと困るので、
寝不足の状態できてください
と。


…病院まで車で一時間半…。
ぜったい寝るでしょ(|| ゜Д゜)


とりあえず、食事制限に関しては、ちゃんと時間通り守らせることができました。
とはいえ、いつ『お腹すいたー!』『眠いから、おっぱいー!』と泣き出すかヒヤヒヤ

と思っていたら、ぐずることなく車にのって10分で、あっさり寝て、病院に着く直前までぐっすりでした…(-""-;)


病院では、まず身体測定。
その後、点滴をして睡眠導入剤を飲みました。
点滴の針を挿されたときからずーっと大泣きしてたので、泣きつかれて、これまたアッサリ寝ました(笑)

もしこれが寝なくて、睡眠導入剤を追加することになれば、強制的に管理入院と言われていたので、寝てくれてほんとに良かった


検査結果は良好。
手術前は右:左=6:4で、水腎症の左腎臓の機能が落ちていたのですが、今回の検査では右:左=5.5:4.5くらいになってました。
少し回復したということかな?良かった。

次の検査は半年後です。

このページのトップヘ