Oshufブログ ~無気力系お主婦の日常~

カテゴリ: リフォーム

我が家の壁は珪藻土なので、壁に直接、水を吹き掛けることができます。

なので…
image

こーんな感じに絵を描けちゃいます

一見遊んでいるように見えますが、部屋の乾燥を防ぐ目的でもあるんですよ

先日、我が家をリフォームしてくださった会社の担当さんからメールをいただきました。
『コンテストに応募したいので、おうちの写真を撮らせてください』


なぬ?コンテスト??
軽く調べてみると、リフォームのコンテストっていくつかあるみたい。
それのどれに応募するのかは聞いてないけど、もし受賞すれば私たちもインタビューされちゃったりするのかも!?
雑誌の取材とかも来ちゃうかも!?

そんな面白そうな申し出を断るわけもなく、どうぞどうぞと撮影していただきました。

撮影箇所は主にリビングなので、我々一家は、邪魔になってはいけないと別室で待機…およそ4時間…(笑)

ちらりと家族も写っております。

そういえばカメラマンさんが、誰かに似てるな~昨日もテレビに出てたよね~、なんて旦那と話してたけど、分かりました。

羽田圭介さんですね。
image

こないだ『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞した人ですね。
又吉と一緒だったから、そっちの方が目立ってたけど(^_^;)

カメラマンさんの名前をすっかり忘れてしまったけど、まさか本人かと思うくらい似てた(笑)

昨日も書きましたが、やっと新居の片付けも終わり、お友だちを呼べるようになりました(^^)

今まで狭い家だったので、お友だちを呼ぶのは、なかなかハードルが高かった
それが、これからは遊びに来てもらえる~♪

人を呼ぶ→部屋を片付ける→部屋がキレイになる→部屋がキレイなので、また人を呼べる

なんて素敵なの


そんな我が家のお気に入りはコレ。

image


リビングの一角なのですが、左側のカーテンのあるところ。
実はコレ、収納です。
奥に一畳分くらいの空間が広がっていて、リビングのありとあらゆるものをごちゃっと収納できちゃう優れもの。

この中には、奥と右側に作り付けの棚があって、そこに書類やアルバムを入れたり、ハンカチやオムツを収納しています。
左側の壁にはフックを付けて、そこに普段使いのカバンや、幼稚園バッグをかけています。
手前には掃除機を置いています。

イメージするなら、小さいウォークインクローゼットって感じですかね。

上部がアーチになってるのも、お洒落で可愛らしいですよね。
あと、扉じゃなくてカーテンなのも、ズボラな私にはぴったり!
だって開け閉めしなくても、ぴらっとめくれば取り出せちゃうんですもの(*´∀`)

中にはコンセントも設置してあるので、(持ってないけど)ルンバを充電しつつ収納なんかも出来ちゃいます!


これのおかげで、急な来客があっても、リビングのごちゃごちゃをサッと隠せるので、かなり気に入ってます♪

無気力が発動して、かなりの長期間サボってました
今日から、また頑張って書きます!


さて年明け早々に、リフォームした新居に引っ越しました!

いやぁ…忙しかった(-""-;)
子どもがいての引っ越しって大変ですね。

何が大変だったかというと
荷造り編
①片付けたと思ったら、子どもにすぐダンボールから取り出される
②片付けに集中したくても、子どもの世話(授乳・おむつ替え・遊び相手)や家事のせいで時間がとれない
子どもに箱詰めしたダンボールの上に乗って遊ばれてイライラする
④年末年始に帰省していたせいで、荷造りする時間がない
⑤意外と直前まで片付けられないものがある(日常で使うもの)
⑥狭い家のせいで、荷造りしたダンボールを置く場所がない(笑)

荷ほどき編
①片付けているそばから、子どもに散らかされる
②片付けに集中したくても、子どもの世話(授乳・おむつ替え・遊び相手・幼稚園の送迎)や家事のせいで時間がとれない
③片付けるのに必要なグッズ(棚とかカゴとか)が足りなくて買い出しに行っていると、片付ける時間がない


ざっとこんなもんでしょうか。
私の場合、『子ども』がキーワードですね。
子どもがいなかったら食事だってカップ麺とか適当でいいし、洗濯物だって少ないし、片付けに集中できますもん。


というわけで、これから引っ越しをされる皆さん。
もし、お子さんがいるのであれば、誰かに預けるなり、一時保育を利用するなりを、強くお勧めします!

ブログネタ
◆最近の出来事・最近思ったこと◆ に参加中!
ただいまリフォーム真っ最中の新居。

その新居のお隣さんが、とてもとても『いい人たち』なんです。
おそらく、家族構成はご主人、奥さん、息子さん。
たぶん、ご夫婦は私たちの親世代かな?


さて、具体的にどのような『いい人たち』か説明しましょう。

①ゴミ出し
旦那がせっせと手入れした庭木の剪定枝(ゴミ)を、ゴミの日に出してくれる。
丁重にお断りしたにも関わらず、もちろんお隣さんのご厚意で、我が家の敷地内に置いてあるゴミを出してくれていました

②待ちわびる
私たちが引っ越してくるのを、とても楽しみにしていてくれる。
旦那は初対面で奥さんに『うちにも遊びに来てね~』と言われたらしい。
息子さんも子ども好きで(本人談)、うちの子どもたちに優しく話しかけてくれます。

③差し入れ
うちのリフォーム業者さんに、飲み物とシュークリームの差し入れをしてくれる
あとでお礼に伺ったら、息子さんが『僕もそうなんですけど、母も頑張っているお兄さんたちを見たら、振る舞っちゃうタイプなんですよ~』と仰っていました。


ね?いい人たちでしょ??

でも、私の心が荒んでいるせいなのか…
距離感の近さに戸惑ってしまっています

以下、私の心の声。
①について。
『いやいや、ありがたいんだけどさ、勝手に人ん家に入ってきたんかい。』
②について。
『そのうち、うちが留守中の宅配便とか、勝手に受け取ってくれちゃいそうだよね…』
③について。
『うちの差し入れの頻度が少ないから、代わりに差し入れしてくれたのかと思っちゃったわ。』


まだ引っ越してないのに、グイグイやってきます、お隣さん。
世話好きなのか、何か裏があるのか…
適度な距離を保ってくれ!!

このページのトップヘ