Oshufブログ ~無気力系お主婦の日常~

2016年06月

昨日は長男と娘を連れてブルーベリー狩りに行ってきました。

ブルーベリー狩り、、果物狩りの中でもマイナーな部類に入ると思いますが、ちょうど今の時期から始まって、9月上旬ごろまでやってるようです。

これ結構性格がでます。

農園のおばちゃんから「大きいのをとってね」と言われて、、

長男・・房の中で一番大きい粒だけしか摘まない
娘・・大きいのはどんどん摘む

スピードが違うので、あっという間に摘み飽きて、お家に帰りたいと言い出す娘。
そして一向に終わりそうにない長男。


みんなで頑張って1.2kgとれました。

当分、ヨーグルトにはブルーベリーソースをかけることになりそうです

image

1才5ヶ月になった次男。
少しずつ言葉が出てくるようになりました

くった→くつした
→からっぽ=おかわり
わーわん→わんわん(犬)
にゃーにゃ→にゃーにゃ(猫)
などなど。

そんな中、やけにはっきり喋る言葉が
『いやだ』

早くもイヤイヤ期か((゚□゚;))

来年、新一年生になる長男のために、
先月あたりから、本格的にランドセル選びを始めました。

早い人だと、3月頃から動き出しているんだそうな((゚□゚;))
女の子用だと、人気の商品は、4月で売り切れたりもするらしい
てことは、再来年の娘のときには、もっと早くからランドセル選びを始めなきゃならないのねー

さて、一言でランドセルといっても、その種類は様々。
色だって、たくさんあるから迷っちゃう。

幸い、うちは男子なので、黒・紺あたりで落ち着かせたいと思います。
間違ってもシルバーなんて選んでほしくないわ
格好いいかもしれないけど、やっぱり無難な色の方が、飽きが来ないと思うしね。

さてランドセル選び。
実物を見る前は、こう思ってました。

・なんとなく牛革がいい
・軽い方がいい
・オーダーメイドのものがいい


合同展示会に、なんとなく参加して、色々とカタログを見たり、背負ってみたりして、こう思うようになりました。

・牛革より、クラリーノの方が軽い
・クラリーノの方が、柔らかいから背負いやすそう
・でも重さよりも、背負ったときのフィット感が大切だ
(子どもも、フィットしてるやつだと軽いと言ってた)
・やっぱりオーダーメイドがいい
・セイバンの『天使のはね』は、軽いし背負い心地もいいらしい(長男談)


周りの友だちや、先輩ママさんに話を聞いたり、ネットで調べるうちに混乱してきました。

・牛革は手入れが面倒らしい
・最近の牛革は、手入れがいらないらしい
→どっちなんだ…
・クラリーノは、手入れもいらず傷もつきにくいらしい
・ランドセルの取っ手は、あった方が便利らしい
・子どもには、ワンタッチ錠前が人気らしい



ここまで色々と調べてきて、私の中で2社に絞れてきました。
(子どもには聞いてません…笑)

松崎ランドセル
神田屋鞄


この2社、どちらもオーダーメイドで作れます。
その他の機能については、ほぼ真逆です。


松崎ランドセル

image

・牛革のみ
・手動式の錠前
・刺繍はなく、シンプル
・取っ手なし



神田屋鞄

image

・牛革とクラリーノが選べる
・ワンタッチ錠前
・刺繍というか、数種類のデザインから<よこ><ふた>が選べる
・取っ手あり


うーん…真逆すぎて、これも悩む!
とりあえず、松崎ランドセルさんは自宅に訪問してくれ、説明や、実際のランドセルを背負わせてくれたりするということで、その予約をしていました。
その訪問してくれる日が、今日でした

説明を聞いて、『なるほど!』と納得するものばかり。
取っ手がついてないのは、事故防止のためだそう。
その取っ手を引っ張られたりして、転倒する事故があるそうです。
ワンタッチ錠前を採用していないのは、ぶつけたり、荷物を無理に詰め込むことで、壊れることがあるから、だそう。
刺繍がないのは、刺繍針が通らないほどの強度があるから、だそう。

などなど、色々な話を聞いたあと、実際に教科書ぐらいの重たい本を入れて、背負ってみることに。
もちろん私も背負ってみました。

まず、他社のランドセル。四年前のクラリーノ。
見た目からして、くたびれている感じ。
(ここは、わざとくたびれる感じの品質の悪い他社製品を持ってきたのかもだから、鵜呑みにはできないけど)
背負ってみると、重たさのせいで後ろに引っ張られる感じがして、肩ベルトを掴んでいないとバランスがとれない感じ。

次に、松崎ランドセル。
ランドセル自体はクラリーノ製品よりも重たいが、教科書を入れて背負った感じは大差ない。
後ろに引っ張られることなく、安定してる。
そして驚くことに、93cmの娘、108cmの長男、160cmの私、と誰が背負ってもフィットしてるんですよ。
てことは、1年生~6年生まで苦なく背負えるということ!

長男も気に入ったみたいなので、松崎ランドセルに決めちゃおっかな~。

いま現在、3分の1しか残っていないそう。
(オーダーメイドなので、材料が、ということ)
例年より売れるペースが早いんですって
うかうかしてられないわ。

99.9ー刑事専門弁護士ー
主演:松本潤
TBSで日曜9時から放送中です。


日本の刑事裁判における有罪率 は 99.9%。
一旦起訴されたら、ほぼ有罪が確定してしまう。
このドラマは、残りの0.1%に隠された事実に辿り着くために、難事件に挑む弁護士たちの物語である…。
(オープニングのナレーションより)


初回放送の最後の方をチラッと見て
『おもしろそう』
と思ったものの、ついうっかり忘れてしまって見逃すこと数回…。

これじゃいかん、と毎週録画を始めて、ようやく見始めました。

刑事ドラマが好きな私としては、内容も面白いのですが、端々に笑いの要素が散りばめられていて、そこも好きです。

で、調べてみたら、演出が木村ひさしでした。
木村ひさし、といえば『TRICKシリーズ』『ATARU』『民王』などの監督などで知られていますね。
あ、でもTRICKは堤 幸彦のイメージですけど。
なるほどー、だから私の好きな感じだったのね、と納得。
(『民王』については、いつぞやのブログで熱弁したっけなぁ。)

そしてそして。
よく見たら『99.9』のトリック監修:蒔田光治は『TRICK』の脚本家なんですねー。

んー、見逃した回が惜しいわ。

だいたい1話完結なのかな?
最初の方を見てないから、よく分かんないんだけど、大きな法律事務所だなー。

松潤の役は、飄々としていてダジャレ料理が好きな変わりもの。

他のキャストには、香川照之、榮倉奈々、岸部一徳、片桐仁など。

見ごたえありますよ!

昨年の10月に川崎病を発症した次男。
本来ならば、発症後6ヶ月の定期検診でしたが、風邪を引いたりだの何だので遅れ、7ヶ月目に入りましたがやっと検査を受けてきました。

今回も、トリクロールシロップで眠らせての検査になるため、検査の2時間前までに飲食を終わらせておくことが必要でした。

幸い、検査が14時~だったので、昼食を少し早めにし12時には食べ終わることでクリア。
これが13時~の検査とかだと、昼食には早いし、おやつには遅いし…で、ちょっとめんどくさかったかも。
14時からで良かった~。

さて、いざシロップを飲み、寝かしつけ!
…ようとしたのですが、寝ない
午前中に1時間程度の昼寝をしたのがマズかったか…。

シロップを飲んでから1時間経過…。
まだ寝ない。
むしろ、ナチュラルハイのような状態(ーдー)
体は眠くてフラフラしてるのに、目は爛々と冴えちゃってる

シロップを飲んでから1時間半経過…。
先生に相談するも、もう上限いっぱい飲んでるから、追加はできないとのこと。
歩きたがるけど、フラフラなんだよな~。

と思った矢先、
フラフラ~ドスン、ゴツン!

よろけてソファーにぶつかり、尻餅をついて、ゆっくりと後方に転倒。
後頭部を打ったけども、ゴツンというよりコツン程度

でも眠いしビックリしたしで号泣。
その3分後には、やっっっとこさ寝てくれました。
シロップを飲んでから2時間後でした( TДT)
長かった。


その後は心電図と心エコーを順調に取り終え、結論としては何の問題もありませんでした。

気になっていた予防接種に関しては、生ワクチンは、ガンマグロブリン接種から9ヶ月後の接種の方が、確実に免疫がつけれるそう。
当初の説明では、6ヶ月と聞いていたけど、6ヶ月だと、ちゃんと免疫が付かない場合もあるらしい。

その病気が流行ってなかったり、保育園などの集団生活を送っていなければ、確実に免疫がつく9ヶ月後が『おすすめ』なんだそう。

ただ、早く免疫をつけてあげたい!というなら、6ヶ月後の接種でも、もちろん問題ないらしい。

我が家の場合でいえば、以下のものが未接種。
もしくは、途中で止まってるもの。
・4種混合
・ヒブ
・肺炎球菌
・MR(麻疹風疹)
・水ぼうそう
・おたふく

MRはだいぶ遅れてるし、早く打ちたい…けど、2回接種するようなもの(一期と二期)は、それだけ免疫が付きにくい種類のものだから、やっぱり確実な9ヶ月後がいいかなぁ。あと2ヶ月。悩む。

とりあえず、不活化のものだけでも終わらせておくかな。
ついでに長男のMR(二期)と娘の日本脳炎も一緒に接種しちゃおう!


そして、これは未確認の情報ですが、
最近、娘の同級生の子が川崎病で入院しました。
同時期に川崎病で入院していた子は四人。
医師から『流行ってきてるんだよね』と言われたそうです。
原因不明だけど、やっぱりウィルス的なものなのかなぁ。

私も言われたのが、川崎病の既往歴がある子も、2回3回と川崎病にかかることがある、と。
水ぼうそうみたいに、一度かかると免疫が付くという病気でもないそう。

うーん、早く原因特定できればいいのにな。

このページのトップヘ