ネットで『共感性羞恥』というキーワードが上がったいたので見たところ、私コレだわ!と思いました。

人が失敗するシーンや、恥をかくシーンが苦手…とのことでしたが、苦手どころか、いたたまれなくなってチャンネル変えたり、ソワソワして逃げ出したくなる。
むしろ、この気持ちが分からない人がいるの!?とビックリしたんだけど、旦那に聞いたら共感性羞恥ではないらしい。

娘もコレのようで、おさるのジョージを見て、ジョージがやらかしそうになったら、『見ない!消して!』と言って大慌てで逃げていきます(笑)

私も、おさるのジョージ苦手だった~。
あと、機関車トーマスもダメだったわ~。
芸人がスベってるときとかも、『つまらなくて』ではなくて『いたたまれなくて』チャンネル変えたり。

実生活においても、会議とかで頓珍漢な発言してる人を見ると、見ないふり聞こえないふりしちゃうしね(笑)

あ、マンガでも主人公が不利なシーンとかは、飛ばして読んじゃうかも…。
例えば、ライバルに陥れられて、主人公の立場が危うくなるようなマンガなら、最初から読まない(笑)
あ、それはドラマでも一緒かも。
あの半沢直樹すら、あらすじを聞いただけで無理だと判断して、結局1回も見ませんでした

ちょっと違うかもだけど、最強だと思ってた主人公よりも強い相手が出てきた時は、いたたまれなくて、それまでドはまりしてたマンガでも、一気に読む気が失せたり

なるほどー。
この感情には名前があったのねー。