image


旦那はセブンイレブンのホットスナックが大好きで、よく買っているそうです。
そんな旦那から聞いた話。


セブンにはいま、

1.あらびきフランク(税込108円)
image


2.スペシャルビッグフランク(税込154円)
image


3.ビッグアメリカンドッグ(税込108円)
image


のメニューがあります。
もちろん他にもあるみたいですが、話に関係するのはこの3つです。


そして、旦那は1の『あらびきフランク』と3の『ビッグアメリカンドッグ』をいつも買っているそうです。


とある日の、旦那と店員のやりとり。


旦那『ビッグアメリカンドッグと、あらびきフランクをください。』

店員『はい。ビッグフランク1つとアメリカンドッグ1つ…ポチポチ』
レジ『262円!』

旦那『いや……ビッグアメリカンドッグあらびきフランクです。』

店員『失礼しました。アメリカンドッグビッグフランク…ポチポチ』
レジ『262円!』

旦那『違います。(商品を指差しながら)ビッグアメリカンドッグあらびきフランクです!』

店員『えっと…アメリカンドッグあらびきフランク…ポチポチ』
レジ『470円!』
店員『失礼しました。470円になります。』

旦那『……。いや、金額も違ってますけど…。』


多分、というか間違いなく、
1.ビッグアメリカンドッグの『ビッグ』

3.あらびきフランクの『フランク』

2.スペシャルビッグフランク
を脳内変換しちゃうんでしょうね。


旦那は3回もこの手の間違いに遭遇してるらしいので、店員が悪いのではなくて、セブン本部のネーミングが悪かったんでしょうねー。

旦那も『ビッグアメリカンドッグ』を『アメリカンドッグ』と言えば間違いを防げることが分かっていながら、このやりとりを楽しみにしているようです。←いじわるー。

でも、書いてる私も混乱してきたわ…(-""-;)